本文へスキップ
ホーム 事務所 業務一覧 マメ知識 よくある質問 お問合せ
イメージ写真1
業務一覧 

マメ知識

知っていそうで案外知らない、少し役立つマメ知識をまとめました。

FAQ

皆様から寄せられるご質問で、多いものを掲載しています。
 

介護事業所設立サポートセンター

介護事業所の設立をされる方へ
設立までの流れや留意事項などを案内しています

 ごあいさつ
 
「行政書士って何をするの?」とよく聞かれます。
  世の中には弁護士、司法書士、会計士、税理士、社会保険労務士など様々な〝士業〟が存在し、それぞれに法律があり、専門の業務を行っています。 その中で行政書士は、「行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類、その他権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む。)を作成すること」を業としています。
 「行政とのパイプ役」
 簡単にいうと、報酬を得て国や都道府県・市町村などの役所に届け出る書類などを、依頼者に代わって作成し提出するということです。たとえば、「飲食店を開店したい」「会社を設立したい」「車庫証明を出したい」…。そんな時に、一般の方にとって少し難しい書類の作成などの行政手続きを行政書士は代行します。いわば、「行政書士は企業・会社や一般の方と行政をつなぐパイプ役」と言えます。 また行政書士が扱う書類は、運転免許証や契約書など個人に関するものから、会社設立やお店の営業許可申請までと幅広く、その数は、10,000種類以上とも言われています。中には、「行政書士は代書屋さん」というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。しかし私は、行政書士の仕事は、官公署への書類を記入・提出するだけの単純業務ではないと思っています。依頼者の希望や要望をよく理解して、依頼目的を達成することが、行政書士には求められます。
 「依頼者の立場に立って」
 法律や条例などを研究し、依頼者が必要としている許認可などをスムーズに取得できるようにすること。また依頼者の利益を最大限守るようサポートすることが、行政書士の役割だと思います。親身に相談にのり、迅速な処理を心がけるとともに、〝地域の身近な相談相手〟として、みなさまのお役に立てればと思います。